【10月のテーマ】ISO19011:2018に基づく内部監査員の力量開発に関わる考察

10月のIRCA CPD月次会は、今年7月にリリースされたISO19011:2018にあるガイダンスを元に、現代の内部監査員に求められる役割や力量を整理しながら理解を深めていきます。
今回の規格では、『Business focused auditor』という新たな用語が象徴する通り、ビジネスを重視し、事業貢献を目的とした監査の実施についての手引きが提供されています。
『全社的リスクの認識を高め、リスクに基づく視点を監査の計画策定、及び実施に反映し、より戦略的な監査手法を実現させるためにどのような力量が必要となるのか?』
力量管理(タレントマネジメント)の概念と仕組みを学習しながら、内部監査員に求められる力量の構成と、力量開発を確実に達成していくための管理体系をチームごとに熟考、考察していくセッションを実施致します。

日時 【セミナー開催日時】2018年10月26日(金)13:30ー16:30 開場13:00   【申込み期間】2018年9月28日(金)18:00~10月19日(金)17:00
会場
〒102-0083 東京都 千代田区紀尾井町3-27
○東京メトロ 有楽町線 麹町駅1番出口(徒歩4分)
○東京メトロ 南北線 永田町駅9a、9b出口(徒歩6分)
○東京メトロ 半蔵門線 半蔵門駅1番出口 (徒歩5分)
参加費 3,000円(税込み)|会員価格 *参加費は開催当日の受付時に現金でお支払い下さい。
定員 25名申込受付中
対象 組織内部でマネジメントシステム監査に従事している方
主催 IRCAジャパン
共催
協賛
内容 今回のセッションは、2018年10月にCQI|IRCAから発行される“ISO19011:2018テクニカルレポート"から、内部監査員の力量に関わる要点をまとめたプレゼンテーションからスタート致します。
2段階のワークショップを通して、ISO19011のガイダンスを元に内部監査の計画、実行、報告の各プロセスから必要とされる役割とその役割に必要な力量を洗い出し、更に役割の重要度、及び力量の難易度を元にチームごとにミッショングレード(役割等級)を作成することが今回のセッションにおけるゴールとなります。
『CQI力量のフレームワークとの関係性』や、『タレントマネジメントの概念と一般的な運用手順』など、ワークにおける思考に有効な情報を提供して参ります。

【プログラム】
 13:30 - 13:35 イントロダクション
 13:35 - 14:30  ISO19011:2018におけるガイダンスのポイント(1st プレゼンテーション)
 14:30 - 15:00 【ワークショップ1】『ISO19011:2018に基づく内部監査員の力量洗い出し』
 15:00 - 15:10  (休憩)
 15:10 - 15:30  内部監査員の力量管理(タレントマネジメント)の実践法(2ndプレゼンテーション IRCAジャパン)
 15:30-16:10 【ワークショップ2】『内部監査員の能力等級テーブル作成』
 16:10-16:30 チーム発表|まとめ

『CPD月次会について』
クオリティプロフェッショナルに要求される力量のフレームワークに即した各種学習テーマを設定し、受講及びワークショップを通じた学習及
び、クオリティの専門家同士のネットワーク形成を目的とした機会を月次で3時間/回にて設定をしています。
備考

お問合わせ

IRCAジャパン株式会社月次会運営事務局
03-6272-6307
qualityevent@irca.org
東京都千代田区麹町3-5-2