【2月のテーマ】 監査員に必要なコミュニケーション力強化セミナー

組織内部で活躍する監査員は、自身の組織、又はサプライチェーンに対して単に適合性を確認するのみならず、監査結果を元に改善機会を特定し、推進するための役割を果たすことが期待されています。
現在の規格においても箇条9を通じて、箇条10『改善』のインプットを生み出すことが役割として明記されている内容です。
また、改善の可能性を実際の改善に落とし込むためには、現場の社員や権威ある立場の人たちに納得してもらい、行動を起こしてもらう為の『リーダーシップスキル』が必要となります。
物事を成就させるために必要な支援を得るために、トップマネジメントを巻き込む力は『改善』を促進する立場の専門家にとって必須のスキルとなります。

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
日時 【セミナー開催日時】2018年2月22日(木)13:30-16:30 開場13:00  
会場
〒102-0083 東京都 千代田区紀尾井町3-27
○東京メトロ 有楽町線 麹町駅1番出口(徒歩4分)
○東京メトロ 南北線 永田町駅9a、9b出口(徒歩6分)
○東京メトロ 半蔵門線 半蔵門駅1番出口 (徒歩5分)
参加費 3,000円(会員価格)
定員 30名
対象 全IRCA認証会員(全スキーム対象:QMS/EMS/ISMS/OHSAS/FSMS/ITSMS他)
主催 IRCAジャパン
共催 株式会社 富士ゼロックス総合教育研究所
協賛
内容 『プロセスコンサルティング』をご存知でしょうか? 問題解決のプロセスを熟知した人が、直接アドバイスをするのではなく、『質問』を通じて、当事者自身に問題解決を促すアプローチです。
監査に携わる人たちにおいても、客観的な評価を元に改善点を直接関与するメンバーに認識させ、改善に向けた当事者意識を醸成するためのファシリテーションスキルが有効となるケースは多いと思われます。
今回のワークショップでは、イベントパートナーとして富士ゼロックス総合研究所にご協力を頂き、企業内のさまざまな改革プロジェクトで有効活用されている『プロセスコンサルティング』のアプローチ法をご紹介し、実務での有効性や活用法を検討頂く場をご提供いたします。

『CPD月次会について』
クオリティプロフェッショナルに要求される力量のフレームワークに即した各種学習テーマを設定し、受講及びワークショップを通じた学習及び、品質専門家同士のネットワーク形成を目的とした機会を月次で3時間/回にて設定をしています。
備考
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

IRCAジャパン株式会社月次会運営事務局
03-6272-6307
qualityevent@irca.org
東京都千代田区麹町3-5-2